2012年05月09日

<赤ちゃんポスト>10日で5年 問われる匿名運用 〜Yahoo!ニュースより〜

<赤ちゃんポスト>10日で5年 問われる匿名運用

毎日新聞 5月9日(水)8時5分配信

<赤ちゃんポスト>10日で5年 問われる匿名運用
拡大写真
赤ちゃんポスト運用開始からの5年間を振り返る蓮田太二・慈恵病院理事長(左)=熊本市西区島崎6の慈恵病院で12年5月8日午後1時44分、松田栄二郎撮影
 熊本市の慈恵病院が設置した、親が育てられない子供を匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」は、10日で運用開始から5年を迎える。同病院の蓮田太二理事長らは8日に記者会見し、受け入れた子供の身元を判明させる努力をしつつ、匿名での運用を続ける考えを改めて示した。

【赤ちゃんポスト】「匿名利用、容認できぬ」中期的検証報告

 病院が受け入れた子供は07年5月〜11年9月の約4年半で81人。蓮田理事長は会見で、「人に妊娠・出産を知られたくないという思いの強い人が来るのだから、匿名での受け入れは必要です」と強調した。更に4、5月に福岡で乳児の遺棄事件が相次いだことに触れ、「(匿名では受け入れてくれないと)誤解されていないか心配だ」とも語った。

 3月に発表された熊本市の検証では、子供の「出自を知る権利」の観点から、匿名での受け入れは認められないと結論づけた。病院も身元が分かった方が養子縁組を進めやすいことなどから、2年目以降は利用者に声をかけるなど身元判明に力を入れている。判明の割合は、07年度は65%(17人中11人)だったが、08年4月から11年9月までを見ると88%(64人中56人)にまで伸びた。

 09年まで熊本県の検証会議座長を務めた柏女霊峰(かしわめ・れいほう)・淑徳大教授は、受け入れ後に身元を特定させる現在の運営方法について一定の評価をする。匿名で受け入れても、再び実親の家庭に戻る子供が増えているためだ。「(ポスト利用の)理由は安易だったかもしれないが、親も変わっていくきっかけになっている。受け入れ後に限りなく身元不明ゼロにすることは、病院と行政の努力のしどころです」と語った。

 しかし、「ゼロ」はまだ実現せず、自身の出自を知ることができない子供は少しずつ累積している。

 匿名か実名かは、非配偶者間体外受精など生殖補助医療の分野でも問題になりつつある。卵子や精子の提供者が匿名を条件に提供しているケースがあるためだ。帝塚山大の才村(さいむら)眞理教授(児童福祉論)は「匿名での提供を受けて生まれ育った子供たちは自分の出自がわからず、苦しんでいる。だから、親が誰か、なぜ育てられないのかがわからないままとなる『ゆりかご』の匿名には反対です」。

 議論に着地点はあるのだろうか。蓮田理事長は会見で問われ、答えた。「誰から生まれたかではなく誰に育てられたかが重要と社会が理解し、養子を特別視しなくなった時に、匿名性と出自の問題はなくなるのではないでしょうか」【結城かほる】

【関連記事】
<赤ちゃんポスト>検証報告書の概要
<赤ちゃんポスト>「匿名利用、容認できぬ」 留学理由など「手軽さ」も指摘−−熊本市の専門部会、中期的検証報告書
<赤ちゃんポスト>運用検証 慈恵病院理事長と看護部長、一問一答 /熊本
<赤ちゃんポスト>11年度利用は来月公表−−熊本市専門部会 /熊本
<赤ちゃんポスト>運用検証 専門部会と慈恵病院、「匿名」巡り真っ向対立 /熊本

最終更新:5月9日(水)9時51分

毎日新聞

posted by log_friend at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 赤ちゃんポスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。