2013年11月14日

がんの特効薬は配偶者、かも・・・抗がん剤の延命効果を超える!? − ダイヤモンド・オンラインより −



口うるさいとか思ったらバチがあたりそうですね(笑)。

感謝の気持ちで受け止めましょう。(^ ^)

ありがたや〜


抗がん剤の延命効果を超える?がんの特効薬は配偶者、かも

ダイヤモンド・オンライン 11月13日(水)8時30分配信

 先日、米ハーバード大学の研究グループによる調査結果が、がん専門誌(オンライン版)に載った。配偶者の有無によって、死亡率や治療に差が生じるか?  という興味深いもの。果たしてその結果は……。

 調査は全米がん登録システムのデータベースのデータを用いて行われた。2004〜08年の間にがんに罹患した73万4899人について、配偶者の有無と初診時のステージ(病期)、診断後の治療法、そして最終的な死亡率との関連を調べたのである。

 対象のがん種は、大腸、乳房、膵臓、前立腺、卵巣、食道の各臓器がんと、肝臓/管内胆管がん、非ホジキンリンパ腫、頭頸部がんなどだった。

 その結果、配偶者がいる場合、死別や離婚、別居などで配偶者を失ったがん患者よりも、早期にがんが発見されることが多く、根治的な治療を受けるチャンスが1.53倍高かったのである。

 また、仮に進行がんであっても、がんに関連した死亡は、配偶者を持つ人が有意に少なかった。しかも、大腸がん、乳がん、前立腺がん、食道がんおよび頭頸部がんでは、「配偶者」による延命効果が、抗がん剤治療のそれよりも大きかったのである。

 ちなみに、調査対象としたすべてのがんで「配偶者効果」は女性よりも男性──夫側で大きかったことも付け加えておく。

 研究者は「この調査のハイライトは社会的なサポートが、がんの早期発見、がん治療、そして生存率に大きなインパクトを与える可能性がある点だ」としている。

 もちろん、医療制度が異なる米国の結果をそのままうのみにはできない。病院へのアクセスは日本ほど容易ではないし、早期発見しても高額な医療費に治療を断念するケースも少なくはないからだ。それでも、日本の男性の間で増加中の大腸がんや前立腺がん、食道がんで「配偶者効果」が大きい点は無視できない。

 ということで、何かと「病院で診てもらったら? 」と心配する妻の言葉を軽んじてはいけません。相手はがんにも勝る最強の“ソーシャル・サポーター”なのである。

 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

井手ゆきえ

最終更新:11月13日(水)8時30分

ダイヤモンド・オンライン



posted by log_friend at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380175116

この記事へのトラックバック