2014年02月06日

波平さんは永久に不滅だと思いたい。

長年、波平さんの声優をされてこられた永井一郎さん(享年82)が、先月27日にお亡くなりになられましたね。
そのニュースを見た時、とうとう、この時が来たのか・・・と、少し放心状態で、ニュースを見つめていました。
今月3日に葬儀・告別式が執り行われ、その中で、サザエ役の加藤みどり さん、カツオ役の冨永みーな さんが、役柄になりきって弔辞を読まれたそうですね。
以下がその弔辞の抜粋です。なんだか目頭が熱くなりました。
サザエ 「父さん。45年間、行ってらっしゃいの声で1日が始まったのよね」

カツオ 「でも、もうお帰りはないんだよね。父さん大好きです。もっといっぱい一緒にお風呂に入りたかった。もっと叱られたかった」

サザエ 「お酒に合うお料理を作って、これはうまいと褒めてもらいたかった。でもね、父さん。きっとその辺で、いつもいつも私たちを見守ってくれるよね。そう思う」

サザエカツオ 「磯野波平の永井一郎さん、さようなら」

また、出棺時には、弟の永井二郎さんからの「波平の口癖であった『バカもん』という言葉で送ってやりたい」との願いを受け、参列者全員で「バカもーん!」と叫んだそうです。

サザエさんのいいところは、登場キャラが「不老不死」のところなんだけど、でも、永井さんがお亡くなりになると、やっぱり、波平さんが他界してしまったような気分になってしまう・・・

また一人、子供の頃から慣れ親しんだ声優さんが他界されてしまった・・・。
好きだった俳優さんや声優さんが、どんどん他界されてゆくのは、やっぱ寂しいなぁ・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387320635

この記事へのトラックバック