2007年05月17日

0歳の赤ちゃんに「ショットガン」所持の許可!

iviewcapture_date_17_05_2007_time_17_30_55.jpg
なにげなく外国のニュースをみていたら、こんな記事が・・・
『0歳の赤ちゃんに「ショットガン」所持の許可書を発行』
びっくりです!
銃社会もここまで来ましたか・・・
考え方の違いとはいえ、「原則として銃の所持に対する年齢制限はない」というのはとても怖い気がします。
お父さんも、受理されると思っていなかったのなら、なぜ、申請せずに別の方法を考えなかったのでしょうね(^ ^;)


☆★☆ 父親もビックリ、0歳の赤ちゃんに「ショットガン」所持の許可書を発行 - 米国 ☆★☆

【シカゴ/米国 17日 AFP】まだ歩くことも、しゃべることも、できない生後11か月のハワード・ラドウィグ(Howard Ludwig)ちゃんは、正真正銘の「ベレッタ(Beretta)12口径ショットガン」と「銃器所持許可証」を合法的に所持している。
 「銃社会」の米国でも、乳児が銃を所持したというニュースは、各紙で大きく報じられた。
 この銃は、ラドウィグちゃんの祖父が、生後2週間のラドウィグちゃんに「家宝」としてプレゼントしたもの。銃器所持許可証は、前月、イリノイ州当局により正式に発行されている。
 シカゴのデイリー・サウスタウン(Daily Southtown)紙のコラムニストでもあるラドウィグちゃんの父親(30)は、息子の銃器所持許可証の申請書がまさか受理されるとは思ってもみなかったという。
 父親は、申請書に「身長2フィート3インチ(約62センチ)、体重20ポンド(約10キロ)」と記入、息子の写真を添えた。さらに、息子にペンを握らせ、『署名』欄にサインをなぞらせたという。
 「バカにするなと言われると思っていたら、許可証が届いたから、びっくりした。信じられないよ」(父親)
 イリノイ州では、銃器や弾薬を所持する場合は必ず銃器所持許可証(FOID)を申請しなければならない。21歳以下は親または法定後見人による同意書が必要になるが、原則として銃の所持に対する年齢制限はない。
 この銃は現在、父親により厳重に保管されている。一方、銃をプレゼントした祖父は、ラドウィグちゃんが10代になったら、一緒にハンティングを楽しみたいと話している。
 写真はイスラエル・エルサレムで、国防軍が公開した銃を持つパレスチナ人の赤ちゃん。(2002年7月14日撮影)(c)
この記事へのコメント
きのうサウスで、所持ー!
またはシカゴで所持すればよかった?
Posted by BlogPetのパンチ at 2007年05月18日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マクラーレン ベビーカー
Excerpt: マクラーレンのベビーカーを初めて使ったときは、その押しやすさにビックリでした。旦那もスムーズな押し心地に..
Weblog: マクラーレン ベビーカー
Tracked: 2007-05-18 06:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。