2008年05月21日

赤ちゃんポスト1年間の利用状況初公表

赤ちゃんポスト1年目の利用状況が、熊本市から公表されましたね。
1年間で17人。この数字が多いか少ないか、そんなことは問題ではないのかもしれません。実際に預けた親がいて、託された子がいたことは紛れもない事実なのですから。
17人のうち13人には手紙などの親の手がかりが残され、そのうち9人の身元が判っているということには、ちょっと驚きました。
親としての証を残しておきたかったのか、せめて自分の身元だけは判るようにしておいてあげたいと思ったのか、許されるならば、いつかまた再会し一緒に暮らしたいと思ってのことなのか・・・
とにかく、安易な置き去りにとどめず、再会の可能性を残していく親のほうが多いということには、なんだか安心感をおぼえました。


*** 赤ちゃんポスト、預け入れ17人=要治療2人、利用状況初公表−熊本 ***

 【5月20日14時1分配信 時事通信】

 育児が困難な親が匿名で乳児を託せる慈恵病院(熊本市)の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)について、熊本市は20日、昨年5月の運用開始以来のポスト預入件数が計17人と明らかにした。利用状況の公表は初。同市は年に1回公表するとしている。
 公表した期間は昨年5月10日から今年3月末までの間で、17人は新生児が14人、乳児(生後1カ月から1年未満)が2人、幼児(1歳から小学校入学まで)が1人。
 性別の内訳は男13人、女4人。2500グラム未満の低出生体重児が2人、治療が必要な乳児が2人いた。虐待が確認されたケースはなく、1人は親が引き取りにきた。


*** <赤ちゃんポスト>預かりは17人 身元判明は9人 ***

 【5月20日19時34分配信 毎日新聞】
 熊本市は20日、同市の慈恵病院が昨年5月10日に設置した、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預かる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」の運用結果を初公表した。3月末までの約11カ月間に預けられた子は17人(男13、女4)。このうち13人は親が手紙など着衣以外のものを一緒に残しており「親のつらい思いがくみ取れた」(幸山政史市長)という。一方、9人は親の身元が判明したが、再び引き取られた子は1人だった。
 17人中、14人が新生児(生後1カ月未満)で、乳児(1年未満)が2人、幼児が1人いた。虐待の疑いがある子はいなかったが、精密検査など医療行為が必要な子が2人いた。
 身元が判明した9人の親の居住地は、熊本県以外の九州が3人、中国、中部、関東地方が各2人だった。身元が分からなかった8人は熊本市が「棄児」として戸籍を作成した。
 親が引き取った1人以外の子供のその後の行き先は、個人が特定されるとして非公表としたが、大半が県内外の乳児院などの施設に入所したとみられる。
 幸山市長は「母親の手紙にはつらい思いが読み取れるものもあった。救えた命がある点で、(ポストの)設置許可の判断は間違いなかった」と述べた。【結城かほる】
posted by log_friend at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 赤ちゃんポスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。