2014年04月11日

おむつかぶれの仕組み解明!

今日、おむつかぶれの仕組みが解明されたとの記事を目にしました。

赤ちゃんのいる親御さんや、介護の職場で働く方々にとってこれは有意義なニュースのはずだ!と期待して、興味深くみさせてもらいました。
とりあえず、その記事を以下に貼り付けさせていただいてますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

ただ、あくまでも細胞レベルでの研究成果の報告であり、親御さんや介護の現場で役立つレベルの話ではなく残念!
もっと、臨床でも役立つニュースを流してくれぇい!


おむつかぶれの仕組み解明 京大助教ら新治療法期待

京都新聞 4月11日(金)8時49分配信

 「おむつかぶれ」など刺激物が皮膚に触れて炎症が起こる刺激性皮膚炎の仕組みの一端を、京都大医学研究科の中嶋千紗助教らのグループがマウスの実験で突き止めた。2種類の白血球が関与することで炎症を悪化させていた。副作用があるステロイド外用薬を使わない治療法の開発が期待される成果といい、米科学誌で11日に発表する。

 これまでの研究で、白血球のうち好酸球と好塩基球の2種類がアトピー性皮膚炎などアレルギー反応と関連することが分かっている。グループは、2種類とも外部からの刺激で起きた炎症部分に集まることに着目した。

 遺伝子操作で▽好酸球が多い▽好酸球がない▽好塩基球がない−3種類のマウスを作製。これらのマウスの皮膚に炎症を起こす薬剤を塗ると、好酸球がないと炎症が軽く、多いと炎症がひどくなった。好塩基球がないと好酸球が皮膚の炎症部分にあまり集まらず、好塩基球が好酸球を引き込むことに関わっていることが分かった。

 中嶋助教は「好酸球と好塩基球をターゲットにして新しい治療法が考えられるのではないか」と話している。

最終更新:4月11日(金)8時49分
 



posted by log_friend at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

がんの特効薬は配偶者、かも・・・抗がん剤の延命効果を超える!? − ダイヤモンド・オンラインより −



口うるさいとか思ったらバチがあたりそうですね(笑)。

感謝の気持ちで受け止めましょう。(^ ^)

ありがたや〜


抗がん剤の延命効果を超える?がんの特効薬は配偶者、かも

ダイヤモンド・オンライン 11月13日(水)8時30分配信

 先日、米ハーバード大学の研究グループによる調査結果が、がん専門誌(オンライン版)に載った。配偶者の有無によって、死亡率や治療に差が生じるか?  という興味深いもの。果たしてその結果は……。

 調査は全米がん登録システムのデータベースのデータを用いて行われた。2004〜08年の間にがんに罹患した73万4899人について、配偶者の有無と初診時のステージ(病期)、診断後の治療法、そして最終的な死亡率との関連を調べたのである。

 対象のがん種は、大腸、乳房、膵臓、前立腺、卵巣、食道の各臓器がんと、肝臓/管内胆管がん、非ホジキンリンパ腫、頭頸部がんなどだった。

 その結果、配偶者がいる場合、死別や離婚、別居などで配偶者を失ったがん患者よりも、早期にがんが発見されることが多く、根治的な治療を受けるチャンスが1.53倍高かったのである。

 また、仮に進行がんであっても、がんに関連した死亡は、配偶者を持つ人が有意に少なかった。しかも、大腸がん、乳がん、前立腺がん、食道がんおよび頭頸部がんでは、「配偶者」による延命効果が、抗がん剤治療のそれよりも大きかったのである。

 ちなみに、調査対象としたすべてのがんで「配偶者効果」は女性よりも男性──夫側で大きかったことも付け加えておく。

 研究者は「この調査のハイライトは社会的なサポートが、がんの早期発見、がん治療、そして生存率に大きなインパクトを与える可能性がある点だ」としている。

 もちろん、医療制度が異なる米国の結果をそのままうのみにはできない。病院へのアクセスは日本ほど容易ではないし、早期発見しても高額な医療費に治療を断念するケースも少なくはないからだ。それでも、日本の男性の間で増加中の大腸がんや前立腺がん、食道がんで「配偶者効果」が大きい点は無視できない。

 ということで、何かと「病院で診てもらったら? 」と心配する妻の言葉を軽んじてはいけません。相手はがんにも勝る最強の“ソーシャル・サポーター”なのである。

 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

井手ゆきえ

最終更新:11月13日(水)8時30分

ダイヤモンド・オンライン



posted by log_friend at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マグロ山かけ」+ご飯で糖尿病予防に!?

ふむふむ、なるほど!そうなのね!!
こりゃーいいことを聞いたっ!!!

「マグロ山かけ」+ご飯で糖尿病予防 食後血糖上昇の緩和を実証

産経新聞 11月12日(火)8時0分配信

「マグロ山かけ」+ご飯で糖尿病予防 食後血糖上昇の緩和を実証

マグロと長イモの細切り炒め(中央)とご飯のメニュー。食材の組み合わせで食後血糖の上昇が緩和されるとの試験結果が出た(写真:産経新聞)

 居酒屋の定番メニュー「マグロ山かけ」が糖尿病予防に!? マグロと長イモをご飯と一緒に食べた場合、ご飯だけや「ご飯とマグロ」「ご飯と長イモ」の組み合わせより食後血糖の上昇が緩和されるとの結果が、神奈川県立保健福祉大栄養学科のヒト試験で出た。血糖上昇をコントロールすることは糖尿病予備群の高血糖状態解消や患者の重症化予防につながるという。(寺田理恵)

 ◆「医食農同源」

 昔から「マグロ山かけ」として一緒に食べられている「マグロ」と「長イモ」の食材の組み合わせは体に良いのではないか−。そんな仮定を科学的に検証したのが今回の試験だ。同大が位置する三浦半島には「三崎マグロ」の水揚げ港があり、生活習慣病の予防に役立つ地元産の食材を使ったレシピ開発の一環として行った。

 山かけばかりでは飽きるため、同大の横山公通(ひろみち)教授が長イモとマグロの細切り炒めなど複数のメニューを考案。背景には、東洋医学の医食同源の考え方に食材を育てる「農」も取り入れた「医食農同源」の推進があり、他の医食農同源メニューも一緒にまとめた冊子を同県が栄養士の研修などで配布している。

 被験者は40〜60代の男女10人。昨年11月、5日に分けて朝食抜きで、(1)ご飯だけ(2)ご飯とマグロ(3)ご飯と長イモ(4)ご飯とマグロ、長イモ(マグロ山かけ)−の4つの試験食を日替わりで食べてもらい、食後2時間の血糖値を測定した。いずれも塩分が同じ量になるよう、しょうゆを使わないご飯単品のときは塩を振りかけた。

 ◆「数字に驚き」

 測定の結果、被験者の平均血糖値(時間曲線下面積)は、ご飯だけのときを100とした場合、ご飯とマグロの組み合わせでは111と高め。一方、とろろご飯は74、ご飯とマグロ山かけは59と、食後の血糖値の上昇が抑制され、ご飯とマグロ山かけが最も低い値となった。

 被験者として参加した同県健康増進課の川名勝義課長(47)は「私の場合、ご飯だけだと数値が高かった。マグロと長イモを一緒に食べることで血糖値の上昇が抑えられるということを実際に数字で見せられたのは驚きだった」。

 同大では「主食のご飯だけでなく、主菜や副菜を組み合わせた食事形態を整えることが大切」とし、若い世代を対象にした研究も進めている。

最終更新:11月12日(火)8時0分

産経新聞



posted by log_friend at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

RSウイルス感染が増えています。 - 医療介護CBニュースより -

RSウイルスが過去最多の勢いで流行しているそうです。
気をつけましょう。
詳細は、以下の記事を!

RSウイルス4千人超、同期調査で過去最多−福島県の郡山などで倍増

医療介護CBニュース 11月12日(火)17時7分配信

 RSウイルスの患者報告数が調査を始めた2003年以降の同期比で最多となっていることが、国立感染症研究所感染症疫学センターのまとめで分かった。10月28日―11月3日の週の報告数(小児科定点医療機関約3000か所)は、同期比でこれまで最多だった昨年を約1000人上回った。特に東北地方で感染が拡大しており、福島県では前週比で1.5倍になった。

 RSウイルスは、呼吸器感染症の1つで、感染から2-8日後に上気道炎、気管支炎、細気管支炎、肺炎などの症状が現れる。患者のほとんどは軽症で済むが、小児を中心に呼吸困難や細気管支炎、肺炎など重症化するケースもある。

 10月28日―11月3日の週の患者報告数は全国で4195人。各都道府県別の報告数は、大阪の323人が最も多く、以下は東京291人、兵庫224人、愛知199人、北海道197人など。

 東北地方では、前週と同数だった青森を除き軒並み増加。岩手に次いで多かった福島では、郡山市と会津の両保健所管内で前週比2倍の報告数を記録した。

 福島県感染症情報センターは、県北や郡山、県南、会津の保健所管内で「流行が続いている」と指摘。年長者の再感染ではRSウイルスと気付かない軽症例も多数あることから、家族間の感染や乳幼児の集団生活施設などでの流行に注意するよう呼び掛けている。

最終更新:11月12日(火)17時7分

医療介護CBニュース



posted by log_friend at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

「6ヶ月以上授乳する」と乳がんリスクが軽減することが判明!

そうなんです。
「授乳」と「乳癌のリスク軽減」とは密接なつながりがあるんです。
気になる方は、以下の記事をぜひご覧ください。

posted by log_friend at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

「マリオ」で遊ぶと脳が成長? −CNET Japanより−

数日前に配信されたニュースですが、ちょっと意外でした。

へぇ〜、そうなんだぁ・・・って感じです。

でも、ホドホドがいいのでしょうね。記事の中にも『1日30分』ってなってますから(^ ^)。

1日30分では、ゲーム好きの人の言い訳にはちょっとキビシイな・・・。


ビデオゲームで脳が成長?

CNET Japan 11月7日(木)12時39分配信

 「Molecular Psychiatry」誌に掲載された新たな研究結果では、ビデオゲームをプレイすることによる多くのメリットが示唆されている。

 この研究では、「ビデオゲームをすることによって、空間認識、記憶形成、戦略計画、および運動能力をつかさどる脳の領域が成長する」と結論付けている。

 研究は、ベルリンのMax Planck Institute for Human DevelopmentとCharite University Medicine St. Hedwig-Krankenhausが共同で行ったもの。科学者らは、23人の成人に「スーパーマリオ64」を1日30分、2カ月にわたってプレイさせた。対照となるグループは同じ期間、ビデオゲームを一切プレイしなかった。

 脳のスキャンにより、ゲームをしたグループには、右海馬、右前頭前皮質、および小脳において灰白質の「顕著な」増加が見られたことがわかった。さらに、ゲームをしたグループではプレイに対する欲求と増加量に相関関係があった。ゲームのやり過ぎだと今度誰かに文句を言われたら、これを言い訳に使ってみるといいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:11月7日(木)16時51分

CNET Japan

posted by log_friend at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看護師の医療行為解禁へ 〜朝日新聞デジタルより〜

「看護師の医療行為解禁へ」とのニュースをみました。

確かに、緊急時には、医師の到着を待ってはいられないことも、しばしばあります。

人命のかかった、一分一秒をあらそう様な状況に遭遇した場合ならなおのことです。

でも、ただ解禁すればいいというものでもないと思います。

僕も看護師の端くれですが、これだけの判断を委ねるのであれば、国指定の研修を修了した看護師には、医師に準ずる待遇が与えられなければ割に合わないと思います。
それだけ、医師の判断は「重い」ものだからです。

『それって、医師免許なくてもできますよね・・・』

あの、某有名ドラマでの米倉さんのきめゼリフのひとつです。

皮肉なことに、これまで医師のみが行ってきた行為にまで、このセリフが当てはまることになるかもしれないというのは、なんとも複雑な気がします。


看護師の医療行為解禁へ 研修受講で気管挿管など可能に

朝日新聞デジタル 11月9日(土)8時12分配信

 【辻外記子】厚生労働省は8日、医師の具体的な指示がなくても、看護師が一部の医療行為ができる制度の創設を決めた。国指定の研修を修了すれば自身の判断で、気管挿管や脱水患者への点滴などをできるようにする。医師がいなくても患者の変化に素早く対応できると期待される。

 この日の審議会の部会で最終案が了承された。次期通常国会に、保健師助産師看護師法の改正案を提出。対象の行為や研修内容を確定させ、2015年度の施行を目指す。

 最終案は、床ずれで壊死(えし)した部分の切除や点滴中の高カロリー輸液量の調整、抗不安薬をのませるなど、医師が主にしてきた41の行為を「特定行為」と位置づけた。研修を受けた看護師は、医師が事前に示した手順に従い、自身の判断でできるようにする。一般の看護師も、医師の具体的な指示があればできる、と明確にする。当初検討された「特定看護師」という資格は、日本医師会などの反対で見送られた。

朝日新聞社

最終更新:11月9日(土)11時6分

朝日新聞デジタル



posted by log_friend at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

国内唯一の胎児手術、母親の告白 〜TBS Newsより〜

みなさんは、どう思われますか?

それぞれ考え方があると思います。

これもまた、選択肢のひとつではあると思います。

そして、どのような選択をするのかは、それぞれが自分で決めることであり、正解などないのかもしれません。

おそらく、 『悔いのない選択』 こそが、本人にとっての正解なのでしょう。

以下は、「TBS News」から配信された、動画の一部と記事全文です。

中盤の 「希望の手」 と呼ばれる胎児の片腕の映像は、ドキッ!とするものがあります

***************************



***************************

国内唯一の胎児手術、母親の告白

TBS系(JNN) 11月4日(月)19時34分配信

 お腹の中で病気が見つかった胎児を手術するという選択をした母親の告白です。

 暗闇を進んでいくカメラ。見えてきたのは赤ちゃんの顔です。これは、胎児の肺を手術している様子をアメリカ・カリフォルニア大学の医師が撮影したものです。胎児に直接、外科手術をする胎児手術は、90年代初めから欧米で実施され始めましたが、日本ではほとんど知られていません。

 埼玉県に住む又吉典子さんは、国内で唯一、胎児の胸を切り開く手術を経験した女性です。妊娠26週目のある日、「胎児の胸に大きな影がある」と近所の産婦人科で指摘されました。

 「赤ちゃんのお腹に水がたまってしまって、原因がなんだかわからないけど、何かしら異常があるはずだから」(又吉典子さん)

 調べた結果、胎児の小さな肺に野球ボールほどの大きさの腫瘍が見つかりました。

 「このまま赤ちゃんが亡くなるのを待つことしかできませんと。信じられなかったです」(又吉典子さん)

 生まれてくることさえ難しい・・・。途方に暮れる又吉さんに、医師は胎児手術を薦めました。

 「驚きました。自分のお腹の中で、羊水もあるままで赤ちゃんを手術するということが、『えっ?』ってびっくりしました」(又吉典子さん)

 2003年6月25日、又吉さんは世田谷区の国立成育医療研究センターで手術に臨みました。

 「90〜100%(生まれてくることは)難しいという範ちゅうに入るほど、ひどい状態でした」(国立成育医療研究センター 千葉敏雄医師)

 手術を担当した千葉敏雄医師はこう振り返ります。

 手術は、又吉さんに全身麻酔をかけた状態でお腹を開き、さらに胎児の胸を開き、肺の腫瘍を取り除きます。1時間ほどで手術は終了し、その後、赤ちゃんは1958グラムと未熟児ながら無事に生まれ、七海ちゃんと名付けられました。しかし、生後2日目に七海ちゃんは死亡します。実は、又吉さんの手術は当時、国内で初めてのケースで、手術という判断までに時間を要してしまい、七海ちゃんの体はすでに負担に耐えられない状態になっていたのです。

 「アメリカだったら、すぐその日に手術したと思います。ただ、日本で最初の手術でしたし、『慎重に』という議論があったのは当然だと思います」(国立成育医療研究センター 千葉敏雄医師)

 胎児手術で日本の先を行くアメリカでは、かつて1枚の写真が大きな話題となりました。胎児の手術中に撮影されたもので、母親のお腹から伸びる胎児の手は人々に大きな衝撃を与えましたが、流産の可能性が高かった胎児が、手術後、無事に生まれてきたことから、この写真は「希望の手」と呼ばれ、胎児手術の認知度は一気に高まりました。

 又吉さんの手術から10年、日本で胎児の外科手術が実施された例はありません。胎児手術が定着しないのはなぜでしょうか。

 「妊娠しているお母さんに全身麻酔をかけて子宮を開き、胎児の胸を開くという操作自体がリスクを伴う」(国立成育医療研究センター 千葉敏雄医師)

 妊婦に対しては虫歯の治療でさえ慎重になる麻酔を全身にかけることや母体にメスを入れること、胎児を外気に触れさせることなど、胎児手術はリスクの多い手術です。胎児を救うためとはいえ、母体の危険を伴ってまで手術をすることについて、医療界では反対の声が強く、手術に踏み切れないケースが多いのです。また、日本特有の価値観も定着しない理由の一つではと千葉医師は指摘します。

 「生まれる前の子どもはそっとしておいた方がいいという一種の、良い悪いは別として、そういう考えはありうる」(国立成育医療研究センター 千葉敏雄医師)

 又吉さんはその後、2人の男の子を無事に出産しました。

Q.手術して良かったと思う?
 「思います。ちょっとでも生きている間に会いたいという選択肢を選ばせてもらったことになんの後悔もないですし、むしろやって良かった、やれるだけのことはやったんだと」(又吉典子さん)

 お腹の赤ちゃんが「生まれてくることは難しい・・・」、そう、医師から告げられたとき、ありのままを受け入れるのか、進化した医療で病気を取り除くのか、胎児手術をめぐって今後も議論が続きます。(04日16:56)

最終更新:11月5日(火)12時8分

TBS News i

posted by log_friend at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

脳死幼児からの初の心臓移植終了「極めて良好」

いよいよ、6歳未満の幼児からの臓器移植が始まりました。そのうちの女児への心臓移植手術は無事終了し、経過も極めて良好とのこと。

それにしても、臓器の提供に踏み切った男児のご両親にしてみれば、今更ながら本当に勇気ある決断だったと思います。

なにしろ、意識は戻らないとはいえ、自然に呼吸や心拍が止まるまでは、愛しい息子の姿のままでい続けられたであろう、そのまだ温かい、血のかよっている我が子の命の営みを、自らの決断で終わらせ、別の命へとつなげたのですから・・・。

そうすることで、息子がこれからも生き続けられるというふうにも考えられるとは思いますが、私には真似できないような気がします。

私も、医療従事者なので、臓器移植は肯定する立場にあり、人にも勧めるかもしれません。臓器移植の必要性と命を救うことの尊さ大切さは、解りすぎるぐらい解っています。しかし、頭では解っていても、いざ、自分の身内が脳死の状態になったとき、果たして割り切ることができるのか・・・理屈と現実は全くの別物であり、普段口にしていることと、自分の身にふりかかった時の感情は必ずしも一致しないのではないか・・・

独身の頃は、割とクールに割り切っていたようにも思います。しかし、自分に家族ができてからは、割り切れなくなりました。脳死臓器提供も、安楽死も・・・

だからこそ、私は、iPS細胞による再生医療の進歩と一日も早い実用化を心より熱望しています。



〜「読売新聞」より〜
脳死幼児からの初の心臓移植終了「極めて良好」

読売新聞 6月15日(金)18時28分配信

 富山大学付属病院(富山市)で6歳未満として初めて脳死と判定された男児からの心臓、肝臓、腎臓の移植手術が15日午後、国内3か所の病院で行われた。

 心臓は空路で大阪大学付属病院(大阪府吹田市)に搬送された後、拡張型心筋症の10歳未満の女児に移植された。

 阪大病院によると、手術は同日午後6時38分、無事終了した。移植した心臓は自然に心拍を再開した。状態は極めて良好で、女児は1〜3か月で退院できる見通しだ。女児は約2年前に、心臓のポンプ機能が低下する拡張型心筋症を発症。昨年9月、日本臓器移植ネットワークに移植を希望する待機患者に登録された。

 肝臓は空路と緊急車両で同日午後4時半ごろ、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)に到着、肝不全の10歳未満の女児に移植する手術が開始された。

 二つの腎臓は車両で富山県立中央病院(富山市)に運ばれ、同日夕から慢性糸球体腎炎の60歳代女性に移植する手術が始まった。

 今回の臓器提供は、2010年7月に施行された改正臓器移植法に基づく。幼児の脳死判定は大人より難しく、2回行う判定の間隔を通常の6時間以上から24時間以上に広げた厳格な判定基準が使われた。

 厚生労働省臓器移植対策室は、今回の提供は「適切に行われた」としている。今後、脳死判定から移植までの経緯を詳しく調査し、1年後をメドに同省の専門家会議で検証する方針。

最終更新:6月15日(金)21時18分

読売新聞





〜「毎日新聞」より〜
<6歳未満脳死>富山大病院 臓器提供の経緯などを説明

毎日新聞 6月15日(金)21時28分配信

<6歳未満脳死>富山大病院 臓器提供の経緯などを説明
拡大写真
脳死と判断された6歳未満の男児からの臓器摘出手術について説明する井上博・富山大病院長=富山市で2012年6月15日午後5時32分、竹内紀臣撮影

 改正臓器移植法に基づき初めて6歳未満で脳死と判定された男児からの臓器摘出手術が15日、富山大病院(富山市)で行われた。臓器の移植手術は計3病院で実施。このうち心臓は大阪大病院(大阪府吹田市)で拡張型心筋症の10歳未満の女児に移植され、手術は無事終了した。富山大病院は記者会見で今回の脳死臓器提供の経緯などを説明、「慎重の上に慎重を重ねた」などと説明した。 

【これまでの経緯などを詳しく知る】クローズアップ2012:6歳未満、初脳死判定 法改正2年、ようやく

 男児からの臓器摘出手術は午後0時6分に始まり、約3時間半かけて終了した。会見した富山大病院の井上博病院長によると、男児は今月初旬、事故で心肺停止に陥った後、低酸素性脳症となった。高度な対応が必要として地元の病院から転送されてきたという。

 今月7日、病院側が「重篤な脳障害があり、回復を見込んだ治療は難しい」と伝えた際、家族から臓器提供の申し出があったという。虐待の有無については、院内の児童安全保護委員会で疑いがないことを判断したうえで、マニュアルに沿い警察と児童相談所にも確認したという。井上病院長は「(救命は)できる限りのことはした。虐待の所見は何もなかった」と話した。

 一方、大阪大病院で心臓移植を受けた女児の術後の状態は良好という。女児は2年前に発症し、年々病状が悪化していたという。

 この他、腎臓が富山県立中央病院(富山市)で60代女性に、肝臓が国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)で10歳未満の女児に移植。肝臓移植は12時間以上かかり、すべての移植手術が終了するのは16日になる見込み。【久野華代、畠山哲郎、江口一】

 ◇子供の臓器の大人への移植 医学的な問題は…

 改正臓器移植法に基づき初めて6歳未満で脳死と判定された男児からの臓器移植で、腎臓の提供を受ける患者は、60代の女性。子供の臓器を大人に移植することに医学的な問題はないのだろうか。

 腎臓移植に詳しい戸田中央総合病院の東間紘名誉院長は「ヒトの腎臓は生まれた時からほぼ完成しており、幼児の腎臓でも、大人の体内で十分機能する」という。ただ、大きさが小さいため腎臓一つでは大人の血液量をろ過しきれず、左右両方が提供されることがあるという。

 一方、18歳未満の脳死者から提供された心臓は、レシピエント(移植を受ける患者)を選ぶ際、18歳未満を優先するよう、厚生労働省の「選択基準」が10年に改正された。より生存率が高いという国際学会の調査に基づいている。肝臓についても、18歳未満の提供者の場合は18歳未満のレシピエントが有利になるよう基準が定められている。

 どの臓器が誰に提供されるかは、日本臓器移植ネットワーク(本部・東京都港区)のコンピューターがこれらの「選択基準」に基づいて、全国の登録者の中から優先順位の高い患者を選び出すという。【斎藤広子】

最終更新:6月15日(金)22時5分

毎日新聞



posted by log_friend at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児脳死移植「息子誇りに」

これからも、誰かの身体のなかで生き続けることで、その命をまっとうしてほしいものです・・・

〜「産経新聞」より〜
6歳未満脳死判定 15日摘出手術、移植へ 「息子誇りに思う」

産経新聞 6月14日(木)20時16分配信

 日本臓器移植ネットワークは14日、富山大病院に低酸素脳症で入院していた6歳未満の男児に脳死判定が行われ、脳死と判定されたと発表した。15歳未満からの臓器提供を可能にした平成22年7月17日の改正臓器移植法の施行後、15歳未満の脳死判定は2例目。より厳格な脳死判定基準を適用する6歳未満では初めて。

 臓器提供に当たり、男児の両親は「息子が誰かの身体の一部になって長く生きてくれるのではないか。このようなことを成し遂げる息子を誇りに思う」とのコメントを出した。

 移植ネットは、男児が生前に臓器提供を拒否していなかったことを、家族の証言や健康保険証の記載などで確認。家族は心臓、肺、肝臓、膵臓(すいぞう)、腎臓、腎臓、小腸、眼球の提供を承諾しており、15日正午から摘出手術が行われる予定。

 移植ネットによると、10日正午に脳死状態と診断され、12日夕に移植ネットのコーディネーターが両親に臓器提供について説明。両親親族8人の総意で決断したという。1回目の脳死判定は13日午前9時15分〜午後0時8分、2回目は14日午後0時19分〜2時11分に実施。脳死判定は6歳以上は6時間以上の間隔で2回行うことになっているが、脳のダメージの回復力が強い6歳未満は、間隔を24時間以上空けることが定められている。

 18歳未満の子供は虐待が確認された場合は臓器提供ができないが、移植ネットは「病院が警察や児童相談所に連絡、虐待がないことを確認した」としている。

最終更新:6月14日(木)20時40分

産経新聞



Photo
日本臓器移植ネットワークは14日、富山大付属病院で6歳未満の男児が脳死と判定されたと発表。判定基準が厳しい6歳未満の幼児から初めて臓器提供が行われる見通しになった。写真は同ネットワークの会見=厚労省(時事通信)


posted by log_friend at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

ちょっと難しい「神経細胞」の話

興味のある方はぜひどうぞ...

〜「マイナビ ニュース」より〜



posted by log_friend at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<脳梗塞>自分の白血球注射で症状改善


〜「毎日新聞」より〜
<脳梗塞>自分の白血球注射で症状改善も 骨髄液から採取

毎日新聞 6月12日(火)15時1分配信

 寝たきりや言語障害など重い後遺症につながる脳梗塞(こうそく)の人から骨髄液を採取し、その中に含まれる白血球の一種「単核球」を静脈注射で体内に戻すと、多くの人で症状を改善できる可能性があることが、先端医療センター病院(神戸市)の臨床研究で分かった。骨髄液の採取量は、骨髄移植の10分の1程度で済むため患者への負担もそれほど大きくなく、治療法としての確立が期待される。横浜市で12日開会した日本再生医療学会で、14日に発表する。

 脳梗塞は治療の難しい病気だが、発症後3時間以内の投与で症状を大きく改善する「t−PA」という、梗塞のもとになる血栓を溶かす薬が05年に治療薬として承認され、普及しつつある。それでも投与が間に合わなかったり、効かない人も少なくない。現時点の結果から、t−PAが効かなかったり間に合わなかったりした人にも発症10日目ごろまで有効とみられるという。

 同病院の田口明彦再生医療研究部長らは、サルでの動物実験などを経て、単核球の静脈注射で脳梗塞の症状を改善できる可能性があることを確認した。単核球が血液中を巡ると、血液が供給されなくなった脳梗塞の部分で血管の再生を促し、周辺にある神経のもとになる細胞(幹細胞)を活性化させるためと考えられるという。

 田口部長が09年、当時在籍していた国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で臨床研究を始め、12年から同病院で続けている。臨床研究は、脳梗塞を発症して7〜10日の患者12人を対象に実施。骨髄液を腰の骨から25〜50ミリリットル採取、遠心分離器で単核球をより分け、その日のうちに静脈から注射する。半年後に症状が改善したかどうかで効果の有無を調べる。これまでに脳梗塞の中でも中等症以上のほぼ寝たきりの6人中5人が自力で歩けるようになるなど身体機能が改善した。副作用は起きていない。最終的な効果の確認は、12人の結果を見て判断する。

 田口部長は「臨床研究は重症の人を選んで行っているが、軽症の方がより強い効果が期待できる。さらに研究を進めて治療法としての普及を目指したい」と話している。【野田武】

最終更新:6月12日(火)15時23分

毎日新聞

posted by log_friend at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

アトピー性皮膚炎、慢性化の仕組み解明

〜「TBS News i」より〜
アトピー性皮膚炎、慢性化の原因解明

TBS系(JNN) 6月12日(火)5時42分配信

 副作用が少ない新しい治療薬につながるかもしれません。慢性的なアトピー性皮膚炎について、佐賀大学などの研究チームが原因物質を特定したと発表しました。

 現在、アトピー性皮膚炎の治療には主にステロイドが使われていますが、副作用が課題となっていて、原因を抑える新薬の開発が待たれています。

 こうした中、佐賀大学などの研究チームはマウスを使って実験を重ね、「アトピー性皮膚炎が慢性化する原因は『ペリオスチン』というタンパク質だ」と発表しました。研究チームによりますと、ダニなどアレルギーを起こす物質が皮膚に入ると免疫反応が起こり、この刺激で「ペリオスチン」が作られます。「ペリオスチン」が「インテグリン」という別のタンパク質と結合し、炎症を増幅させる悪循環を引き起こすことがわかったということです。

 研究チームは今後1〜2年かけて「ペリオスチン」の作用を阻止する抗体を開発し、副作用が少ない治療薬を作りたいとしています。(12日01:35)

最終更新:6月12日(火)9時14分

TBS News i


〜「時事通信」より〜
アトピー慢性化の仕組み解明=たんぱく質沈着が原因―佐賀大など

時事通信 6月12日(火)1時7分配信

 アトピー性皮膚炎がダニなどの原因物質を身の回りから取り除いた後もすぐに治らず、慢性化する仕組みを出原賢治佐賀大教授らの研究チームが解明し、米医学誌に11日発表した。
 研究チームは、患者の皮膚を分析。アレルギーの原因物質が体内に侵入すると、免疫細胞が働いてかゆみが生じると同時に、たんぱく質「ペリオスチン」が大量に生成されることを突き止めた。
 ペリオスチンが皮膚組織に沈着すると、免疫細胞がさらに刺激され、かゆみが生まれる悪循環が起きることも分かった。原因物質を取り除いてもペリオスチンの沈着が続き、症状が慢性化するという。
 現在の治療法はステロイドの服用などで免疫を抑制しており、感染症にかかりやすくなる副作用がある。今回の発見で、ペリオスチンを狙い撃ちする副作用の少ない薬の開発が期待できるという。 

最終更新:6月12日(火)8時33分

時事通信

posted by log_friend at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

子供の熱中症対策 水分補給など予防、車内放置は絶対ダメ


〜産経新聞より〜
子供の熱中症対策 水分補給など予防、車内放置は絶対ダメ

産経新聞 6月6日(水)10時51分配信

子供の熱中症対策 水分補給など予防、車内放置は絶対ダメ
拡大写真
強い日差しの中、公園で遊ぶ子供たち。熱中症予防のため十分な対策が必要だ(写真:産経新聞)

 めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状に苦しめられる熱中症。気温や湿度が高くなるこれからの季節に発症しやすく、体温調節機能が十分に発達していない子供は特に注意が必要だ。子供の熱中症対策について、昭和大学病院(東京都品川区)総合診療部の森田孝次医師(小児科)に聞いた。(竹岡伸晃)

 ◆発症しやすい

 日射病や熱射病など耳になじんだ呼び方もあるが、森田医師は「かつては重症度によって用語が使い分けられていたが、現在は熱中症で統一されている」と説明する。

 熱中症は「体温の上昇と、それを抑える仕組みのバランスが崩れた状態」。気温が高かったり運動などで体を動かしたりすると体温は上昇する。通常は汗をかいて蒸発させたり、体表に血液を集めたりして外気に熱を放出し、体温を下げる。ただ、気温や湿度が高い▽風が弱い▽日差しが強い−などの環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れると、十分に汗をかけなかったり、血液の流れが悪くなったりして体に熱がこもり、熱中症につながる。

 体の成長度合いにもよるが、乳幼児から中学校卒業程度までの子供は、(1)汗をかく能力が未熟(2)運動時に血液が体表に熱を運ぶ能力が不十分(3)体が必要とする水分量が多く脱水状態になりやすい−などの理由から発症しやすいという。大人よりも身長が低いため、地面からの輻射(ふくしゃ)熱の影響を受けやすいのも要因だ。

 症状は重症度によってI〜III度に分けられる。

 最も軽いI度の症状は、立ちくらみやめまい、こむら返り、大量の発汗などで、II度は頭痛や吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感など。III度になると手足の運動障害や意識障害、けいれん、体が熱くなる高体温といった症状が表れる。

 森田医師は「小さな子供の場合、自分で症状に気づきにくい。早めに対処するため、『熱中症なのでは』と周囲の大人が疑ってほしい」と強調する。

 ◆暑さに強い体を

 症状に気づいた場合、風通しの良い日陰やクーラーが効いている室内で休ませる。さらに、皮膚に水をかけてうちわなどであおいだり、氷嚢(ひょうのう)やぬれタオルを首の周りや脇の下などに当てたりして体を冷やす。同時にイオン飲料や(脱水症状の治療などに用いられる)経口補水液などで水分・塩分を補給する。「水を飲ませながら塩を少しなめさせる」方法でもいいという。

 症状は悪化する可能性がある。乳幼児の場合は必ず、それより大きい子供でも、II、III度の場合は病院へ行く。特に意識障害や嘔吐、けいれんなどが見られる場合は「すぐに救急車を呼んでほしい」(森田医師)。

 熱中症の予防には、(1)こまめに休憩を取り水分補給する(2)帽子をかぶり、通気性が良く、熱がこもりにくい明るい色(白や黄色など)の服を着る(3)「早寝・早起き・朝ご飯を食べる」の規則正しい生活を守る−のがポイントだ。また、普段から朝夕の涼しい時間帯にじっくり汗をかくような運動を行い、暑さに強い体を作っておきたい。森田医師は「子供の場合、外で元気に走り回って遊ぶことが大切」と話している。

 ■自動車内への放置 短時間でも絶対ノー 

 熱中症対策としては、自動車内への子供の放置にも注意が必要だ。

 日本自動車連盟(JAF)が平成19年4月に行ったユーザーテストで、外気温が最高23・3度のとき、車内温度は最高48・7度を記録。18年7月に行った夏場のテストでは、30度超の外気温の中で車内温度は50度を超えた。エアコンを使用していても40度近くになった。

 昭和大学病院の森田医師は「命にかかわる重症の熱中症になる危険がある。短時間でも車内に放置してはいけない」と警告している。

最終更新:6月6日(水)10時51分

産経新聞

posted by log_friend at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

急増する原因不明「不明熱」 ストレスによる心因性発熱と判明


〜NEWS ポストセブンより〜
急増する原因不明「不明熱」 ストレスによる心因性発熱と判明

NEWS ポストセブン 6月2日(土)16時5分配信

 忙しく頑張りすぎる現代人に、原因不明の発熱「不明熱」が増えている。体温が上がるだけでなく、全身の倦怠感や集中力の低下で仕事の能率が下がり、イライラが募るなどの症状が続く。

 1990年以降発熱の機序が解明されたため、これらの症状が感染による発熱とは違い、ストレスが原因の心因性発熱という病気であることがわかってきた。心因性発熱は風邪など感染症による発熱とは違うので、市販の解熱剤は効かない。

 九州大学病院心療内科の岡孝和准教授に話を聞いた。

「恒温動物が心理的ストレスにより体温が上がることは、動物実験では当たり前のこととして知られていました。人間もストレスで体温が上がりますが、通常37℃を超えることはなく自覚はありません。急性や慢性の心理的ストレスによって、体温が37℃以上となる場合、心因性発熱と診断しています」

 心因性発熱は3つのタイプがある。1つ目は強いストレスで急に体温が上昇し、ストレスがなくなると熱が下がるタイプ、2つ目は慢性的にストレスがかかり、37〜38℃の微熱が持続するタイプである。1と2が合併するのが3つ目のタイプで、乳幼児は1タイプが多く成人は2か3のタイプが多い。

 診断は発熱の原因になる身体疾患の有無、血液検査で炎症反応の有無と解熱剤の効果を検査する。炎症反応がなく、解熱剤でも熱が下がらない場合は心因性を疑う。また3〜6か月前の仕事や生活環境など心理社会的背景を聞き、ストレスがあるかどうか確認する。

 さらに心理的ストレステストで体温が上がればストレス性と診断される。他にも、掌や足底の発汗や不眠も診断のポイントになる。
 
(取材・構成/岩城レイ子)
 
※週刊ポスト2012年6月8日号

最終更新:6月2日(土)19時45分

NEWS ポストセブン

posted by log_friend at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

<熱中症予防>室温28度キープがポイント


〜毎日新聞より〜
<熱中症予防>室温28度キープがポイント

毎日新聞 6月1日(金)0時13分配信

<熱中症予防>室温28度キープがポイント
拡大写真
熱中症対策に、売り場にはさまざまな温湿度計が並ぶ=福岡市中央区のインキューブ天神店で2012年5月31日、徳野仁子撮影


 気象庁は1日から、熱中症に気を付けてもらうため高温注意情報の発表を始める。昨年は7月13日からスタートさせたが、今年は全国で原発の再稼働が見通せず、電力各社が節電要請を決めたことから、エアコン使用などを控えて熱中症患者が続出することを危惧し、前倒しした。専門家によると、体温調整の難しいお年寄りや子供は要注意という。熱中症にならずに節電の夏をどう乗り切るか。室温を28度にキープすることが一つのポイントのようだ。

 ◇気象庁、1日から高温注意情報発表

 高温注意情報は、最高気温が35度以上になると予想した場合、前日午後5時▽当日午前5時▽同11時−−に「熱中症と健康管理に注意してください」などと気象庁のホームページなどで発信する。

 熱中症は高い気温によって体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整ができなくなって最悪の場合は死亡する。消防庁によると、昨年の熱中症による死者は全国で59人。記録的な猛暑だった10年の167人より少ないが、昨年と同様の気温だった09年の16人の4倍近い。原発停止で節電が求められたことが影響した可能性があり、医療関係者は今夏の過度な節電に注意を呼びかけている。

 日本生(せい)気象学会・熱中症予防研究委員会の朝山正己さんは、炎天下だけでなく、屋内でも熱中症になると警告。室温と湿度をみて対応する必要があるという。熱中症は湿度が高いほどなりやすいが、同学会の指針では、気温が28度以下の場合は湿度が高くても熱中症の「危険」はほとんどない。だが気温が29度を超えて高くなるほど低い湿度でも「危険」が増す。例えば気温30度なら湿度85%以上、32度だと70%以上で「危険」としている。

 節電ではエアコンの設定温度を28度にするよう求められている。このため熱中症の危険を避け、さらには節電も両立するには室温28度がポイント。ただ室内の風通しが悪かったり、窓際で直接日差しを受けたりするなど悪い条件が重なると危険は増す。朝山さんは「扇風機とエアコンの併用や風通しの良い服を着るなど、簡単にできる対策もある。生活の工夫で楽しく暑さを乗り切れれば」とアドバイスしている。【野呂賢治】

 ◇熱中症予防のポイント

・のどが渇かなくてもこまめな水分と塩分の補給。

・室温が28度を超えないようにエアコン、扇風機の活用。高い湿度にも要注意。

・外出時には日傘や帽子の着用。

・こまめな体温測定などで自分の体調の変化に気を付ける。

最終更新:6月1日(金)0時56分

毎日新聞

posted by log_friend at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働き盛り男性、風疹ご注意 免疫なく関西・都内で患者増加


〜産経新聞より〜
働き盛り男性、風疹ご注意 免疫なく関西・都内で患者増加

産経新聞 6月1日(金)7時55分配信

働き盛り男性、風疹ご注意 免疫なく関西・都内で患者増加
拡大写真
生年月日ごとの風疹含有ワクチン定期接種の状況(写真:産経新聞)


 風疹が流行の兆しを見せている。全国の患者数は平成20年以降の同時期で過去最高を記録。関西を中心に感染が広がり、東京も例年に比べ患者が増加している。厚生労働省は全国自治体へ8年ぶりに注意喚起を促した。

【フォト】 大人の水ぼうそう ワクチンで予防・重症化回避

 「三日はしか」ともいわれる風疹は、くしゃみなどの飛沫(ひまつ)で感染。発熱や発疹などがでるほか、免疫が不十分な妊娠初期の女性が感染した場合は胎児にも感染、赤ちゃんに先天性心疾患や難聴、白内障などが発症することがある。

 国立感染症研究所の集計によると、5月20日までの風疹患者は205人で昨年同時期(126人)の約1・6倍。都道府県別では兵庫の62人が最も多く、大阪46人、東京28人、京都12人と続いた。東京は昨年同時期(10人)の2・8倍。20年以降では最多だった。

 目立つのは成人、特に男性患者だ。今年は全体の7割を超える153人が男性で、うち30代は57人、40代28人、20代27人だった。

 かつては子供の病気とされていた風疹。感染研によると、昭和51年まで国内で風疹のワクチン接種は行われず、幼少時に周囲の子供から感染することで免疫ができることが多かった。

 その後、国は52年に中学校でワクチンの定期接種を開始したが、妊娠時の胎児への影響予防を目的に対象は女子に限定。これでは風疹の流行を阻止できず、平成7年、対象を女子中学生から1歳以降の男女と男女の中学生に切り替えた。

 現在30代後半以上の男性は定期接種の機会がなく、20代〜30代前半の男性は接種率が低かった。ワクチン効果による風疹患者の減少で周囲からの感染機会も減少した結果、風疹の免疫を持つ割合が他年代に比べ低下。23年の調査では30代〜50代前半の男性の5人に1人が免疫を持っていない。

 感染研感染症情報センターの多屋馨子室長は「定期接種の時期に該当する人はもちろん、妊婦の家族や周囲にいる人もワクチンを接種してほしい。また妊娠中にワクチン接種はできない。妊娠前の接種がのぞましい」と話している。

最終更新:6月1日(金)16時35分

産経新聞

posted by log_friend at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

H5N1型鳥インフルエンザで10歳少女が死亡



H5N1型鳥インフルエンザで10歳少女が死亡、カンボジア
2012年05月29日 16:31 発信地:プノンペン/カンボジア

【5月29日 AFP】世界保健機関(WHO)は28日、カンボジアで10歳の少女が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。カンボジアで鳥インフルエンザによる死者が出たのは、今年になってからは3人目。

 WHOとカンボジア保健省の共同声明によると、南西部コンポンスプー(Kampong Speu)州に住むこの少女は、20日に高熱が出て呼吸不全となり27日に死亡した。病院の検査で鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に感染していたことが確認されたという。

 少女が住む村ではニワトリの病死が相次いでおり、少女は病気にかかったニワトリを料理するため処理したときに感染したとみられている。

 2003年以降、カンボジアでは今回死亡した少女を含めて21人がH5N1型の鳥インフルエンザウイルスに感染し、19人が死亡している。2003年以降世界ではH5N1ウイルスで357人が亡くなっている。(c)AFP
posted by log_friend at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風しん患者が過去最多、妊婦は要注意


〜医療介護CBニュースより〜

風しん患者が過去最多、妊婦は要注意

医療介護CBニュース 5月29日(火)12時7分配信

 風しんが流行の兆しを見せている。国立感染症研究所感染症情報センターによると、年明けから5月中旬までに報告された患者数は、全数報告が始まった2008年以降の同時期で最多。年間の報告数が最も多かった11年の約1.6倍のペースで患者が報告されている。厚生労働省では、「妊婦は人込みを避けるなど、注意してほしい」と呼び掛けている。

 風しんは、ウイルス感染によって起こる発疹性疾患。主な感染経路は飛沫感染で、2-3週間の潜伏期間を経て、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状を呈する。子どもでは比較的軽症だが、脳炎などの重い合併症を起こすこともまれにある。また、妊娠初期の女性がかかると、ウイルスに感染した胎児が難聴、心疾患、白内障などの障害(先天性風しん症候群)を持って生まれる恐れがあり、特に注意が必要だ。

 同センターによると、今年に入ってから5月20日までに報告された患者数は205人(速報値)で、11年の同時期(126人)の約1.6倍。11年1年間に報告された患者数(369人)は08年以降で最多で、10年(89人)の4倍以上に上っていて、これを上回るペースで患者が報告されている。
 205人を都道府県別に見ると、兵庫の62人が最も多く、以下は大阪(46人)、東京(28人)、京都(12人)、千葉(7人)などの順で、近畿地方が多い。

 麻しんと風しんを混合したMRワクチンの定期接種は、1歳児、小学校入学前1年間の幼児、中学1年か高校3年に相当する年齢の人が対象で、厚労省の担当者は「定期接種の対象になる人は、積極的に接種を受けてほしい」と話している。また、「妊婦は先天性風しん症候群の恐れがあるので、人込みを避けるなど注意してほしい」と呼び掛けている。【高崎慎也】

最終更新:5月29日(火)12時7分

医療介護CBニュース

posted by log_friend at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

<風邪薬で副作用死>皮膚疾患が悪化 2年半で131人死亡



<風邪薬で副作用死>皮膚疾患が悪化 2年半で131人死亡 
〜毎日新聞より〜

毎日新聞 5月28日(月)15時1分配信

 風邪薬などの副作用で起きる皮膚疾患「スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)」と、その症状が悪化した中毒性表皮壊死(えし)症で、今年1月までの2年半に全国で131人が死亡したことが厚生労働省のまとめで分かった。SJSは10年以上前に問題化。厚労省は10年9月、製薬業界に対し、一部医薬品の添付文書に副作用として追記するよう求めたが、発症メカニズムは未解明で依然として被害は深刻なままだ。同省は「初期症状が疑われたら、早期に受診を」と改めて注意を呼び掛けている。

 厚労省の集計によると、09年8月〜今年1月、製薬会社などから報告があったSJSと中毒性表皮壊死症の副作用被害は1505人で、うち8.7%の131人が死亡。前回集計(05年10月〜09年7月分)では2370人中239人が死亡していた。

 「SJS患者会」代表で歯科医の湯浅和恵さん(59)=東京都渋谷区=は91年、風邪薬を服用後に全身に発疹が広がり、一時寝たきりの生活になった。SJSと診断されたのは4カ所目の病院。今は左目を失明し、歯科は休業している。湯浅さんは「誰もが使う医薬品で起こりうる。生活が急変し、ショックを受ける患者の精神的ケアの充実も図られるべきだ」と訴えている。

 原因と推定される医薬品は抗てんかん剤や解熱鎮痛消炎剤、総合感冒剤など。こうした医薬品を投与する医師は、初期症状の皮膚疾患に必ずしも精通しておらず、診断が遅れる可能性がある。また、総合感冒剤などは市販薬も多く、症状が薬の影響と気付かない人も少なくない。

 SJSは年齢層や持病によって発症傾向があるかどうかも分かっていない。厚労省安全対策課は「初期症状で判断できる医療機関向けのマニュアルを策定するなど、対策を講じてきたが、いまだに多くの人が亡くなっている。治療が遅れ重篤化することを防ぐため、さらに周知を進めたい」と話している。【井崎憲】

 ◇スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)

 高熱を伴って発疹ややけどのような水ぶくれが全身や口、目の粘膜に現れる。原因は解明されていないが、体内の免疫力が過剰反応して起きると考えられている。発生頻度は100万人当たり年間1〜6人とされ、臓器障害などの合併症を起こして後遺症が残ったり、死に至ることもある。

最終更新:5月28日(月)15時25分

毎日新聞

posted by log_friend at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。